アロエ成分で白髪予防


レクチン&アロインがポイント。肌も髪も元気に!

育毛や養毛に効果を発揮する成分として、ポリフェノールが挙げられます。皮膚に浸透しやすく細胞を適度に刺激する効果がありす。

毛細血管や細胞の働きを活発にします。もうひとつ、毛細胞を活発にするレクチンという成分も含んでいます。細胞の働きが衰え、脱毛や白髪になった時こそ『アロエ』が効果を発揮します。

新陳代謝の促進としてアロエのゼリー部分にたくさんのアロインを含んでおり、これは、食べたときに苦く感じる成分で血液循環を促進する働きや殺菌力も持っています。

白髪は、頭皮のメラニン色素の減少が引き起こすものですから、皮膚細胞の新陳代謝を促せば、メラニン色素の合成も活発になり白髪の進行も遅くすることができます

強力な保湿作用としてアロエに含まれる多糖体には、水分をしっかり保ち、肌をしっとりさせる保湿作用があります。これが髪や頭皮の乾燥を防ぎ、若々しい髪の維持、育成に役立つのです。ぱさついた髪などはうるおいあるしっとりした髪に蘇ります。


昔からやけどにも良いとされるアロエのゼリー部分に、炎症を抑える作用があります。抜け毛が増える原因に頭皮のキズや炎症が原因となっている場合もあります。そういった場合にもアロエが頭皮のキズを治し、菌の繁殖を防いでくれます。

さらに、頭皮の余分な皮脂が毛根をふさいでしまい、髪の正常な発育を妨げるのも抜け毛の大きな原因です。アロエには、余分な皮脂の分泌を抑える効果もあります。頭皮を健康に保ち、余分な皮脂を出さないようにするアロエは髪本来の発育を自然に補ってくれます。


ただし、脱毛や白髪にはさまざまな原因があります。ホルモンバランスの崩れ、強度のストレス、遺伝など、こうした場合は、アロエの効果も大きくは期待できません。