上手な頭皮ケア、簡単です。


湯シャンを取り入れて!痒みが激減。乾燥地肌が潤う

乾燥の季節真っ盛りですが、シャンプーがあってないのか?

なんてご質問を受けたりすることがございます。

 

多くの乾燥の原因は油分の取りすぎが原因と考えられています。

 

なぜか、泡立ちと香り重視で選んでしまいがちですよね。シャンプーって。

 

 

でもでも、髪には本当は弱酸性でアミノ酸系のシャンプーがいいんですね。オーガニックだからといったカテゴリーよりも少し、踏み込んでもらうといいかもしれません。

 

そして、そして、毎日のシャンプーが習慣化していますが、日常でそんなに髪が汚れるってことはない気がします。火山灰や砂嵐のなかを歩いたりする訳ではないでしょうし、ただ、整髪料を使ったりワックスを使用される方は、毎日洗い流したいですよね。

 

そこで、上手に頭皮をケアしてあげるひとつの方法として湯シャンを取り入れてみてはいかがですか?

 

地肌に痒みが出て乾燥が気になる場合は、シャンプーの休日を作って湯シャンを取り入れてみると、いったように地肌に油分を供給日としてあげて

肌自体の免疫力の強化を図ると良いようです。

 

そして、サロン専用とかプロ仕様の製品コストの高いシャンプー(生産ロットを安価にしていないからダメージの少ない原料のチョイスができている)に切り替えて、隔日とかのペースのシャンプー日に切り替えたりすることで健康な地肌と免疫力の低下防止を行えるようになっていくようです。

 

もちろん、スプレーやワックスなどはしっかりと洗い流しましょう。

アウトバスタイプのオイル系でしたら湯シャンでもある程度落ちると思いますし、少し髪に油分が残って案外調子が良かったりもするかもしれませんね。

 

地肌に一番危険なのは、乾燥して痒みを堪えられずにかきむしった際の頭皮への傷、汚れや指の雑菌が入り炎症をおこしたり、匂いを発する原因となったりが一番厄介です。

 

上手なシャンプーサイクルで、上手に地肌と付き合うことが綺麗な髪との良い関係を築いていけるんですね。